Topics!!

サイトリニューアル!New!!
12月25日
トピックスを更新!
10月10日:雇用保険法が変わりました

失業保険の給付について

会社を辞めたらすぐに失業保険に関わる手続きをきちんと行うことがとても大切です。

失業保険は失業中の生活を心配することなく仕事探しに専念して、一日も早く再就職できるように支給されるものです。

■ 再就職が決まったらもらえる給付金

再就職が決まったら、原則として就職の前日までにハローワークへ届出を行うことになっています。

再就職先が決まったからといって、失業保険の給付がその時点で打ち切りになるわけではありません。失業保険は入社日の前日まで受給することができます。

失業保険の所定給付日数を多く残して再就職した人には、再就職手当という支給残日数の30%に相当する額が受給できます。

再就職手当は支給要件が多いので注意が必要です。


再就職手当の支給要件(すべて該当すること)

  • 就職日の前日までの認定を受けた後の基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上、かつ45日以上であること
  • 1年を超えて引き続き勤めることが確実であること
  • 待機満了後の就職であること
  • 給付制限のある人は、制限開始後1か月間はハローワークまたは職業紹介事業者の紹介による就職であること
  • 退職前の会社に再び雇用されたものでないこと
  • 就職日の前3年以内に、再就職手当、常用就職支度手当を受給していないこと
  • 求職の申込みをした日(受給資格決定日)の前に雇用予約がないこと

再就職手当の給付額

再就職手当=基本手当日額×支給残日数×30%

※再就職手当を計算するときの基本手当日額の上限は、5,910円(60歳以上65歳未満は4,765円)となります。(平成19年8月1日改定)