Topics!!

不正受給ってばれるの?を更新しました!New!!
1月5日
サイトリニューアル!
12月25日
トピックスを更新!
10月10日:雇用保険法が変わりました

失業保険の給付について(失業保険はいくらもらえる)

会社を辞めたらすぐに失業保険に関わる手続きをきちんと行うことがとても大切です。

自分の失業保険がいくらもらえるか調べておきましょう。

失業保険は失業中の生活を心配することなく仕事探しに専念して、一日も早く再就職できるように支給されるものです。

■ 失業保険はいくらもらえる

受給する雇用保険の失業保険給付を基本手当といいます。

基本手当を算定する基準となる賃金日額を出します。

賃金日額 = 退職前6か月の給料の総額 ÷ 180(日)
                 ↓
    税金・社会保険料の控除前の額でボーナスを除く


賃金日額に応じた給付率
年齢 賃金日額 給付率
60歳未満 2,080円以上4,100円未満 80%
4,100円以上11,870円以下 50%〜80%
11,870円以上(上限額参照) 50%
60歳以上65歳未満 2,080円以上4,100円未満 80%
4,100円以上11,870円以下 45%〜80%
10,640円以上(上限額参照) 45%


賃金日額、基本手当日額の上限額(平成19年8月1日改定)
年齢 賃金日額の上限額 基本手当て日額の上限額
30歳未満 12,790円 6,365円
30歳以上45歳未満 14,200円 7,070円
45歳以上60歳未満 15,620円 7,775円
60歳以上65歳未満 15,130円 6,777円
 
                                  

60歳未満で賃金日額が4,100円以上11,870円以下の人は下記の式に賃金日額を当てはめると基本手当の日額が求められます。

(74,460−3×賃金日額)×賃金日額÷77,700=基本手当日額

60歳以上65歳未満で賃金日額が4,100円以上10,640円以下の人は下記の式に賃金日額を当てはめ、いずれか低いほうが基本手当ての日額となります。

@(133,340−7×賃金日額)賃金日額÷130,800=基本手当日額

A賃金日額×0.05+4,256=基本手当日額

@とAのいずれか低いほうの金額

基本手当日額とは
基本手当日額の上限額は毎年8月に見直されます。